ウーマシャンプー 脂漏性皮膚炎

ウーマシャンプーと脂漏性皮膚炎の関係

脂漏性皮膚炎ってどんな症状?

ウーマシャンプー脂漏性皮膚炎の関係を見ていく前に、
脂漏性皮膚炎とはどんな症状か見ていきましょう。

 

脂漏性皮膚炎の原因は様々ですが、
一番多いのはマラセチアというカビの繁殖です

 

マラセチア自体はもともと頭皮に存在しているカビなのですが、
睡眠不足やホルモンバランスの乱れなどが原因で増殖してしまいます。

 

そして、その影響で皮膚が炎症をおこし、フケやかゆみを引き起こすのです。

脂漏性皮膚炎を治すには?

脂漏性皮膚炎は皮膚の炎症で、皮膚の病気です。

 

シャンプーで治せるものではなく、自然放置で治るものではありませんので、
しっかりと皮膚科で治療してもらうほうが良いでしょう。

 

しかも、脂漏性皮膚炎は簡単に治るものではなく、再発する場合もあります。

 

ゆくゆくはフケやかゆみにとどまらず、抜け毛の原因となるので、
あまく見ないほうがいいでしょう。

 

皮膚科では繁殖したマラセチアを減らすため、
おおむねステロイド系の薬が出されます。

 

また、リンスはできるだけ控えたほうがいいでしょう。
リンスには油脂成分が含まれているものが多く、カビが繁殖しやすくなります。

 

皮膚科の先生に相談し、しっかりと脂漏性皮膚炎を治しましょう。

脂漏性皮膚炎にウーマシャンプーが良い理由

脂漏性皮膚炎は病院で治療する必要があるため、
シャンプーでいくら頭皮を清潔に保っても意味がありません。

 

なので、ウーマシャンプーを使用しても、脂漏性皮膚炎自体は治りません

 

しかし、脂漏性皮膚炎になった頭皮は非常に敏感になっており、
市販のシャンプーでは刺激が強すぎて頭皮によくありません。

 

そこで効果を発揮するのが、頭皮への負担が少ないウーマシャンプーなのです

 

市販のシャンプーというのは、一般的に頭皮の強い人から弱い人まで
万人受けするような成分配合になっています。

 

また、洗浄力が優先されるため、頭皮にとっては刺激が強すぎる場合があり、
脂漏性皮膚炎でデリケートになっている頭皮には好ましくありません。

 

そのため、頭皮のことを第一に考えたシャンプー選びが大変重要で、
そのシャンプーこそがウーマシャンプーなのです。

 

ウーマシャンプーは、人間の皮脂に近い馬油のなかでも、
とくに浸透性に優れたこうね馬油を使用しています。

 

このこうね馬油が、頭皮に負担をかけずに有効成分を届けてくれるのです。

 

また、ウーマシャンプーにはグリチルリチン酸2Kなど、
頭皮環境正常化を目的とした有効成分がふんだんに含まれています。

 

脂漏性皮膚炎の原因であるマラセチアは、皮脂を好み繁殖していきます。

 

そのため、頭皮環境を整え皮脂を適量に保つこと重要なのです。

 

このようにウーマシャンプーは、脂漏性皮膚炎を治療することはできませんが、
脂漏性皮膚炎でトラブルを抱えた頭皮にはうってつけのシャンプーなのです。

 

 

ウーマシャンプーの公式サイトはこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ